ik_54FOXYスタジオLIVEを観よう! ik_06 CcLive ダウンロード店! ik_18 メルマガ登録! シネマ・映画会
ik_55 会場別→ 県文大H 市民大H OldTime RagTime GATE レモネード AbbeyRoad PREGO
ik_34 地区別→ 岩出市 紀の川市 海南市 紀美野町 ik_56 クチコミ投稿 情報提供のしかた。 広告する。
ik_54和歌山ライブの歩き方TV ik_54演歌商店のつぶやくTV ik_54ト・コ・ト・コ・映画ik_54イベントチャンネル

-

2014年01月04日

沙門宏幸!あなたと開く!歌の宝石箱

和歌山ライブの歩き方TV
           お正月特番 第1弾!



2014年1月3日、和歌山市狐島の岩喜演歌商店で、和歌山ライブの歩き方TV正月特番 第1弾!沙門宏幸”あなたと開く!歌の宝石箱”がおこなわれた。 毎月第一金曜日に開催される松・竹・梅の三段階の人気投票で推薦曲を決めていく演歌・歌謡ダイジェスト試聴会に、みえこ夫人も加わり2時間に拡大された歌謡番組に。試聴会に続いて、演歌商店のつぶやくTVの月例番組”沙門宏幸のチョークをマイクにもちかえてVol.38 ”も二人揃って出演し、駆けつけた歌謡ファンをたのしませた。{K}

沙門宏幸のチョークをマイクにもちかえてVol.38 40:19


  

Posted by ccLive編集局 at 06:58Comments(0)ライブ!レポ

2014年01月02日

横山恭治、射箭頭八幡神社で「恋のかぶら矢」奉納演奏!

年の初めの良き日に
恋の願いをかなえるパワースポットで・・・




2014年1月2日、和歌山市本脇の射箭頭八幡神社(いやとはちまんじんじゃ)で、横山恭治の「恋のかぶら矢」の奉納演奏がおこなわれた。昨年12月にリリースされた横山恭治の昭和青春館ラスト・ライブ・アルバムに収録されている。神功皇后が加太浦に寄航して鏑矢を射たという故事にちなんで、ハートを射抜く恋愛成就のパワースポットとして若い女性に話題の同神社を歌った新しい曲。この日は、関係者一同が昇殿参拝し、ヒット祈願、玉串拝礼など神事と共に、横山恭治がギター弾き語りの演奏をおこなった。{K}

橋爪祥子宮司と奉納証を持つ恭やん

射箭頭八幡神社:和歌山県和歌山市本脇字糸切260 地図
南海加太線・磯ノ浦駅 旧加太街道(淡島街道)沿い、別名は糸切神社。







  

Posted by ccLive編集局 at 17:37Comments(0)ライブ!レポ

2013年12月09日

Mah!和歌山フォークタウン

70年代フォークが
Mah!和歌山県立図書館に響く・・・




2013年12月8日、和歌山市西高松のMah!和歌山県図書館(メディア・アート・ホール)で、”しーちゃんのDJで綴る70年代フォークのライブ版!和歌山フォークタウン”が行われた。78年の「江古田スケッチ」で知られる竹内緑郎をメインゲストに迎えて、地元のの5組のアーチストが出演した。アリスを小上慎太郎、荒井由美を宝子、吉田拓郎を松本陽太、中島みゆきを貴志知美、南こうせつを横山恭治とそれぞれ名曲をカバーし、駆けつけたファンに、懐かしいフォークソングの世界を満喫させた。{K}


 竹内緑郎


 小上慎太郎      宝子          貴志知美


 松本陽太       横山恭治


             関連記事:http://cclive.ikora.tv/e959815.html  

Posted by ccLive編集局 at 08:52Comments(0)ライブ!レポ

2013年12月08日

竹内緑郎 昭和青春館ファイナルライブ

閉館!Sugarsの解散も
新しいエンタテイメントの拠点に・・・




2013年12月7日、和歌山市の南海加太線・東松江駅前にある昭和青春館で、昭和青春館ファイナルライブが行われた。5年間にわたり、フォークソングによる沿線の活性化の拠点として多くのライブやバンドの練習拠点として親しまれてきたが、この日をもって閉館。最後の夜は、同館を象徴する幻の楽曲「江古田スケッチ」で知られるシンガーソングライターの竹内緑郎を東京から迎え行われた。音楽にとどまらず演劇やアニメの世界で、幅広く活動するクリエーターのトークは面白く、ファイナルに相応しいライブとなった。

東京から和歌山に戻った頃、初めての地元ライブを同館で行ったシンガーソングライターの貴志知美も駆けつけて、その後の成長ぶりを歌で披露、歌謡テイストたっぷりな竹内緑郎作品「桜影法師」を歌い感謝の気持ちを伝えた。また、同館を活動拠点としていた親父バンド・Sugarsの解散が発表され、同時に竹内緑郎と和歌山旅行かばんという新しいバンドの結成表明がされた。同館は、近くリニューアルされるが、今後も音楽を交えた情報発信スペースとしての役割に期待したい。

これら模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより緊急生中継され、年内一杯期間限定のアーカイブで見ることができる。一部、トークで音声のない箇所があります。{K}

竹内緑郎と和歌山旅行かばん@昭和青春館ファイナルライブ (170:20

)

     関連記事:http://cclive.ikora.tv/e958982.html
  

Posted by ccLive編集局 at 09:59Comments(0)ライブ!レポ

2013年12月02日

ヤブシン 一灯舎でレコ発ライブスタート!

一灯舎のお庭で
ティポティポしたいな・・・




2013年12月1日、和歌山県海南市の庭園のあるイベントホール・一灯舎で、一灯舎の一周年記念ライブが行われた。杮おとしに出演したヤブシン (藪下将人+藍田真一)がセカンドアルバム”ティポティポしたいな”のレコ発ライブのスタートとして開催したもの。ゲストに小椋誠也を迎え、藍田真一のマンドリンの優しい音色と藪下将人のパワフルなギターで大いに盛り上がった。好天気にめぐまれて、ガーデンテラスのコーヒータイムも楽しく時を刻んだようだ。これら模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継され一部をアーカイブで見ることができる。{K}





ヤブシン「ティポティポしたいな」@一灯舎一周年記念ライブ






ヤブシン公式:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=yabushin00

   レコ発ワンマンライブ日程
2013年
   12/1(日) 一灯舎(和歌山県海南市)
   12/15(日)ベル(兵庫県三田市)
2014年
   1/4(土)中津ミノヤホール(大阪中津) ★フルバンドライブ
   2/2(日)カーヒコ・オ・ケ・アクア(和歌山県御坊市)
   2/16(日)オールドタイム(和歌山市)  ★フルバンドライブ
   2/23(日)シルクロード(兵庫県神戸市)
   3/2(日)カフェフォークス(三重県紀宝町)
   3/30(日)マリーナシティー(和歌山市) ★フルバンドライブ
          詳細:http://cclive.ikora.tv/e973874.html
★サポートメンバー:長藤崇(ds)大山りほ(キーボード)石井孝宏(b)楠川昌平(g)  

Posted by ccLive編集局 at 07:47Comments(0)ライブ!レポ

2013年11月24日

春野恵子が語る浪曲会

安養寺本堂に響く
人情の香り・・・




2013年11月23日、海南市名高の安養寺本堂で、”春野恵子が語る浪曲会”が行われた。浪曲の特色や歴史、「まってました!」「たっぷり!」など浪曲の楽しみ方が披露され、浪曲「両国夫婦花火」を熱演。駆けつけた満席のファンと共に盛り上がった。浪曲会に先駆けて、長谷川住職の講話が行われた。同寺では、昨年の秋以来、「お寺に親しみをもってもらおう・・」と、講談や音楽のイベントを重ねており、次回は、11月30日、本多俊之スペシャル・サックス・クインテットのジャズライブが行われる。



また、ライブ終演後、ニューヨークでの浪曲公演にチャレンジする春野恵子さんから、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネルを通じて、メッセージを頂いた。アーカイブで見ることができる。{K}

春野恵子メッセージ1@海南安養寺 03:37




春野恵子メッセージ2@海南安養寺 03:37



  

Posted by ccLive編集局 at 06:01Comments(0)ライブ!レポ

2013年11月17日

ココ・カラ。和歌山フェスティバル2013

ウインズ・ライブに
宮本静、丸石輝正が駆けつけて
和歌山LOVE SONG・・・・・




2013年11月16日、東京都千代田区有楽町駅前広場「地上広場」で、”ココ・カラ。和歌山フェスティバル2013”が行われ、ウインズのミニライブが行われ、首都圏の方々に和歌山の魅力をアピールした。このライブには、宮本静や丸石輝正も駆けつけて、「和歌山LOVE SONG」を歌い、会場に駆けつけたファンと共に盛り上がった。これら模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継されアーカイブで見ることができる。{K}





和歌山LOVE SONG 




        関連記事:https://www.facebook.com/events/158902157652461/  

Posted by ccLive編集局 at 09:22Comments(0)ライブ!レポ

2013年11月17日

Wakayama艶歌 宮本静ライブパーティTOKYO

”Wakayama艶歌!



2013年11月15日、東京都港区港南のJ-SQUARE品川で、”Wakayama艶歌と昭和歌謡で綴る 宮本静ライブパーティTOKYO”が行われ、和歌山ゆかりの歌謡ファンが50人が参加した。”いよいよ和歌山にいってみよう!”県の観光キャンペーンの協賛イベントとして行われたもので、ご当地ソングばかりを参加者の出身地によるリクエストで歌う。「熊野古道」「紀の川ぶるぷる娘」など、宮本静が熱唱を重ねた。



宮本静(歌)と小谷充城(クラシックギター)の「黒江からころ為の女」も披露され、横浜の演歌歌手・まつざき幸介が友情出演に駆けつけた。これら模様は、同施設の配信最新設備により、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継された。{K}

       
             関連記事:https://www.facebook.com/events/779914515358698/
  

Posted by ccLive編集局 at 08:56Comments(0)ライブ!レポ

2013年11月17日

黒江からころ・・・歌とセミナーで楽しむ紀州漆器展

お江戸日本橋に
紀州漆器・黒江の響き・・・




2013年11月15日、東京都中央区日本橋の創業300年の漆器店・黒江屋で、”黒江からころ・・・歌とセミナーで楽しむ紀州漆器展”のセミナー&ライブが行われ、和歌山県の仁坂吉伸知事や漆器ファン30人が参加した。”いよいよ和歌山にいってみよう!”県の観光キャンペーンの協賛イベントとして行われたもので、同店で黒江の漆作家展が開催されるのは初めて。「お江戸日本橋」「和歌山県民歌」のアカペラ・メドレーと黒江のイメージソング「黒江からころ為の女」のオープニングではじまった。



黒江ジャパン代表/池庄漆器店店主・池原弘貴の黒江セミナーに続いて、宮本静(歌)と小谷充城(クラシックギター)のよるライブが行われた。黒江の漆作品に囲まれた演奏会では、漆器にちなんだ「根来の子守唄」や紀ノ川の川面が浮かぶ楽曲が披露され、「黒江からころ為の女」で締めくくった。これら模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継されアーカイブで見ることができる。{K}





橋爪靖雄・玲子 黒江の二人漆展は、11月18日から20日まで日本橋・黒江屋で開かれ入場は無料です。

               関連記事:https://www.facebook.com/events/487995794629387/  

Posted by ccLive編集局 at 07:44Comments(0)ライブ!レポ

2013年11月04日

宮本静@黒江の紀州漆器祭り

からころ、つつてん
黒江の紀州漆器祭り・・・




2013年11月3日、和歌山県海南市黒江川端通りの紀州漆器祭りの特設ステージで、ジャズダンスや阿波踊り(紀州連)、宮本静歌謡ショーが行われた。今年25回目を迎える紀州漆器祭りは、古い街並みの残る黒江の川端通りで行われ紀州漆器の即売テントが並び、地元の物産店やグルメの屋台も勢揃いする。多くの出店とライブステージを楽しむ人で賑わった。宮本静は、紀州漆器祭りのステージを「黒江からころ為の女」で締めくくった。この模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継された。{K}





                関連記事:http://cclive.ikora.tv/e958359.html


  

Posted by ccLive編集局 at 07:09Comments(0)ライブ!レポ

2013年11月03日

第4回 加太・紅葉鯛祭り

”おいしい!楽しい!
  おさかなリゾート”に
”加太線ミュージック”が響く・・・


 
   鯛レンジャーと「加太の鯛」の加太小学校と幼稚園の子供たち          利光会長挨拶

2013年11月2日、和歌山市加太の淡島神社前おさかな創庫で、第4回紅葉鯛祭りが行われた。主催・来賓挨拶に続き、特設ステージでは、加太線百周年記念アルバム”加太線ミュージック”収録アーチスト等のライブも行われ、「君待つ加太へ」のSugars、「ISOKO」のなっきぃ、「加太から友ヶ島へ~ニューバージョン~」の植松淳平、「加太の鯛」の加太小学校と幼稚園の子供たちが参加し盛り上がった。また、大西勝也が即興の加太ソングを披露し会場を沸かせた。

 
                     「君待つ加太へ」のSugars            大西勝也

        Sugars          Sugars         なっきぃ             植松淳平

今回から、新しくおさかな創庫が会場となり、よりパワーアップされた。”おいしい!楽しい!おさかなリゾート”のキャッチフレーズさながらに、あなごの天ぷらなど新メニュの加太グルメも登場し、天然の良港・加太の良さを楽しめる漁船クルーズも行われ、好天にも恵まれての大賑わいとなった。{K}



       加太の鯛        あなごの天ぷら         いか焼き

               関連記事:http://cclive.ikora.tv/e955982.html  

Posted by ccLive編集局 at 06:25Comments(0)ライブ!レポ

2013年10月20日

加太サンセット・ライブ in 竹燈夜2013

加太浜に響く・・・
歌声とバイオリンの音色。




2013年10月19日、和歌山市加太の加太浜特設ステージで、サンセットバルクルーズ&加太サンセット・ライブ in 竹燈夜2013が行われた。 、宮本 静(Vo)沙門宏幸(Vo)、常悦(p)、バイオリンユニットPROCeeD (Vn.p.B,Dr)が参加した。生憎の空模様で、今年も夕陽を臨むことはできなかったが、城下町バルに連動した加太観光協会の浜店もあり、熱心なファンで賑わった。ライブ後に、2000本の蝋燭に灯りが入り、潮風の中に、幻想的な雰囲気を楽しんだ。


                  PROCeeD と宮本静、沙門宏幸

南海加太線百周年の記念CD”加太産歌”に収録された沙門宏幸「加太いってのもらよ」が、9月から通信カラオケで全国配信がスタート、宮本静「加太小唄」と共に、歌唱指導で盛り上がった。クラシックピアニストの常悦が伴奏する挑戦的な試みの歌謡の世界に続いて、加太在住のバイオリン奏者・花和枝をフューチャーしたPROCeeDは、クラシックから歌謡曲までクロスオーバーなステージで観客を魅了、フィナーレは全員で「情熱大陸」で締めくくった。

これらの模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継され、アーカイブで見ることがきる。{K}

加太サンセット・ライブ in 竹燈夜2013 完全ノーカット版(99:50)




利光会長とサンセットバルクルーズ船。 宮本静と加太産グルメ

                関連記事:http://cclive.ikora.tv/e949507.html  

Posted by ccLive編集局 at 07:12Comments(0)ライブ!レポ

2013年09月30日

小椋誠也マンスリーライブin SHELTER

新しい街に・・・
音楽の風が舞う。。。




2013年9月29日、和歌山市ふじと台ステーションビルのSHELTERで、”小椋誠也マンスリーライブin SHELTER”が行なわれた。この春から、ライブハウス・SHELTERと和歌山放送ラジオが連動し新しい街・ふじと台を音楽でアピールしてきた。毎月ゲストを迎え開催、今回の6回目がファイナルとなる。この日は、ファイナルに相応しくオープニングアクトに宇和千夏、ゲストに QU-Eが出演した。

 
 小椋誠也        宇和千夏         QU-E

小椋誠也の笑顔一杯の挨拶から始まった。10月6日にアルバムをリリースする宇和千夏は、「50の種」など収録曲を元気一杯に披露した。また、関西インディーズシーンでは有数のユニットに成長してきたQU-Eは、11月に発売するニュー・アルバムから新曲「パワー」をライブで初めて歌い驚かせた。 そして、ヒット曲「ラストランナー」でファンを魅了した。

小椋誠也のステージは、2008年のデビュー曲「四つ葉のクローバー」のギター弾き語りからスタートした。続いてピアノと語りあうように歌いあげるバラッド「手紙」で大人の雰囲気を演出、シンガーとしてもソングライターとしても楽しみな一面を感じさせた。続いての小椋バンドは、ロックではじけた。そして、このバンドでニュー・アルバムを制作すると発表し、ファンを喜ばせた。フィナーレには、小椋バンドとQU-Eが共演し、盛り上がったステージで幕を閉じた。{K}

                関連記事:http://cclive.ikora.tv/e929070.html
  

Posted by ccLive編集局 at 07:55Comments(0)ライブ!レポ

2013年09月28日

“MoonRabbit” Keizo Ishibashi

たっぷりマンドリン三昧。
ビートルズもマイケル・ジャクソンも・・・
Moon Rabbit




2013年9月28日、和歌山市の和歌の浦アートキューブで、“Moon Rabbit” Keizo Ishibashi Tour 2013 が行なわれた。印南町出身のマンドリン奏者・石橋敬三のファースト・アルバム発売記念の全国ツアー、そのファイナルを飾るコンサートだ。マンドリンとマンドラの二種を弾き分けながら、楽しく曲目や楽器、奏法まで丁寧にトークと演奏を重ねる。インターバルをとらないと、激しいストロークが持続できないそうだ。そのとうりで、打楽器のようにマンドリンを掻き鳴らす。元来の特色を損なわず、新しい奏法を確立していくのだろう。その意欲が明確に伝わり、それを好感度に替える術を持っている。だから、実に気持ち良いステージとなる。



演奏曲目がメニューとして、配られるのも嬉しい。アルバム収録のオリジナルはもちろん、チック・コリアの「スペイン」をアランフェス風に初披露したり、マンドラで「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」を試みるなど観客を楽しませた。ビートルズの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、アンコールのマイケル・ジャクソンの「スリラー~メドレー」など、マンドリンの意外性、可能性をたっぷり感じさせるワンマン・ステージであった。

今回の石橋敬三全国ツアーは、29日の京都でピリオドを打つ。和歌山での次のビックステージは、10月18日のグラミーギタリストのエド・ガーハードとの紀州木乃国@県立図書館2Fのメディア・アート・ホール。{K}

          関連記事:http://cclive.ikora.tv/e942306.html
  

Posted by ccLive編集局 at 18:36Comments(0)ライブ!レポ

2013年09月22日

サクセブル「マヤの心と音楽」

ココロに、
花が咲くように・・・




2013年9月14日、和歌山市の和歌山県立図書館2F メディア・アート・ホールで、国際交流イベント・トーク&ライブ「マヤの心と音楽」が行なわれた。マヤ先住民の伝統音楽をいかした三人組・サクセブルは、ギター、バイオリン、オカリナで歌い奏でた。そして、渡辺りえのお話「マヤの心」では、日本に通じる不思議な事柄に感動の輪が広がった。また、和歌山のアマチュアのフォルクローレグループ マヤウァカも共演で華を添えた。



今回のステージ演出は、サクセブルの来日公演ツアーのデザインを担当する ESTUDIO ARTES OSAKA が手がけた。掲載写真も提供{K}。

   
  終演後、全員で・・・
  拡大でご覧になれます。

               関連記事:http://cclive.ikora.tv/e923985.html
  

Posted by ccLive編集局 at 11:17Comments(0)ライブ!レポ

2013年09月15日

澤和樹、ヤン・ソンウォン オープンリハーサルと記者発表

20年のフレンドシップ・・・
醸すハーモニー。。。




2013年9月14日、和歌山市野崎の緑風舎音楽ホールで、”澤和樹、ヤン・ソンウォン日韓フレンドシップコンサート”のオープンリハーサルと記者発表が行われた。澤和樹(ヴァイオリン・ヴィオラ)、ヤン・ソンウォン(チェロ)、蓼沼恵美子(ピアノ)、澤亜樹(ヴァイオリン)、キム・ウンシク(ヴァイオリン)、ピアノ五重奏の緊迫したリハーサルが公開された。



日韓あわせて7ヶ所のツアーは、15日の和歌山県立図書館メディア・アート・ホールを皮切りに行われる。ツアーに臨むそれぞれの思いを、隣接の緑風舎サロンで語った。これらの模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継され、アーカイブで見ることがきる。{K}

澤和樹、ヤン・ソンウォン公開リハーサル@緑風舎



澤和樹、ヤン・ソンウォン記者発表@緑風舎 (45:08)



一部、音声聞き取りにくく、また英語に対訳はありませんのご了承ください。  

Posted by ccLive編集局 at 06:30Comments(0)ライブ!レポ

2013年09月13日

サクセブル@小川小学校国際交流ライブ

子供たちの心に・・・
母なる大地から花が咲くように



  渡辺りえ        ダミアン・マルティネス       西居かおり

2013年9月13日、和歌山県紀美野町の小川小学校で、サクセブルの国際交流ライブが行なわれた。サクセブルはメキシコの最南部チアパス州のアコースティックユニットで、マヤ先住民の伝統音楽をいかしたギター、バイオリン、オカリナで編成される三人組。全校生徒14名の小川小学校の生徒たちに音楽とお話で「マヤの心」を伝えると、活発に素朴な質問が返されて温かい雰囲気に包まれた。そして、サクセブルから、翌9月14日の県立図書館でのコンサートの招待券が手渡された。



また、柳校長先生もチャランゴで加わり、サクセブルと生徒たちと全員で「バラが咲いた」を歌った。会場には、スタジオアーツのデザイナーによるチアパスのイラスト画も展示され、子供たちに「マヤの心」をイメージさせた。これらの模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継された。{K}



サクセブル「バラが咲いた」@小川小学校国際交流ライブ




サクセブル「ボロムチョン」@小川小学校国際交流ライブ




   

Posted by ccLive編集局 at 19:16Comments(0)ライブ!レポ

2013年08月15日

藪下将人、宮本静@黒江の下駄市

からころ、つつてん
黒江の下駄市・・・




2013年8月14日、和歌山県海南市黒江川端通りの下駄市の特設ステージで、恒例のゆかた姿コンテストや藪下将人、宮本静のミニライブが行われた。下駄市は、100年の歴史がある夜市。黒江の町並みは、多くの夜店とライブステージを楽しむ人で賑わった。今夏は、昨年できた黒江の新しい歌「黒江からころ為の女」や2015わかやま国体の応援ソングなどが披露された。これらの模様は、インターネットTV・#Wakayama-A-Live イベントチャンネル、Ustreamにより生中継された。{K}



<アーカイブス>ゆかた姿コンテストはございません。
オープニング太鼓@黒江の下駄市
http://www.ustream.tv/recorded/37286145 01:50
ご挨拶@黒江の下駄市 
http://www.ustream.tv/recorded/37286463 02:48
藪下将人@黒江の下駄市
http://www.ustream.tv/recorded/37290133 04:12
宮本静@黒江の下駄市
http://www.ustream.tv/recorded/37291033 03:51
  


Posted by ccLive編集局 at 14:51Comments(0)ライブ!レポ

2013年07月28日

わかやまお城クラシック

和歌山城の天守閣、
空高く、音楽の調べが響く・・・




2013年7月27日、和歌山市一番丁の和歌山城天守閣展望階で、”わかやまお城クラシック”が行われた。文化創造グループと城プロジェクトが協働し、3回目の開催となる。お城の天主の音楽会は全国的にも珍しい。城下を眼下に感じ、爽やかな夏風の中、殿様気分に浸りながら至福の時間を過ごすことができる。


 箏楽            木村修子、小倉浩晃    森紀子

今回は日本のクラシックとして三人組の箏アンサンブル・箏楽(そら/中西裕子、大山直子、植野由美子)、ヴァイオリン二重奏(小倉浩晃、木村修子)、ソプラノ歌唱・森紀子(ソプラノ、リュート)北一恵(ピアノ)の三組が出演した。次回は、8月31日(土)、東京からHyclad(ハイクラッド)が参加して行われる。観覧は無料(ただし天守閣入場料として大人400円・小中学生200円必要){K}

             関連記事:http://cclive.ikora.tv/e928042.html  

Posted by ccLive編集局 at 09:14Comments(0)ライブ!レポ

2013年07月28日

絵本の森のコンサート

「100万回生きたねこ」と
図書館の絵本が紡ぐ子供たちへのコンサート・・・




2013年7月27日、和歌山市の県立図書館2Fメディア・アート・ホールで、”絵本の森のコンサート”が行われた。常悦(P)宝子(Vo)のピアノ・デュオと絵本のコラボとしてNPO法人和歌山こどもの広場が企画した。1Fの図書館から持ち出された絵本からのトーク、ジブリやディズニーからの楽しい歌声、クラッシック・ピアノ独奏でショパン・ノクターンなど盛りだくさんのプログラムで、親子連れでにぎやかな会場を楽しませた。



コンサートの先立ち、池田香弥率いる朗読サークル”りんく”と常悦の「100万回生きたねこ」の朗読が行われた。この日の為に書き下ろされたピアノ曲に載せ、佐野洋子(谷川俊太郎夫人)作の絵本の世界がホールに広がった。オープニングに相応しい演出だった{K}

               関連記事:http://cclive.ikora.tv/e927087.html
  
タグ :県立図書館


Posted by ccLive編集局 at 07:26Comments(1)ライブ!レポ


↓ 随時配信をお楽しみください。
Live broadcast by Ustream
ik_20コミュニティ参加で録画↓観る!        =無料=
|

トルトルらんちTVik_54
名曲のミュージックマート!
タグクラウド
築地OT   新内AB   本町RT   本町GT   ラ・セーヌ   県立図書館   市民小H   県文大H   市民大H   ぶらレモネ   新内VT   LIVE SPACE MOMENTS   太田T5   県文小H   デサフィナード   和歌QH   宮本静   海南市   LURU HALL   フォルテワジマ   新内ガラ   藪下将人   紀の川市   試聴会   宝子   FOXY   市民図書館   田頭宜和   和歌浦   FOXY   UST   岩出市   SHELTER   UstLive   UST   マリナOP   COLOR LOOP   有田   沙門宏幸   御坊   PinoTerrace   みんなの学校   紀美野町   ダイワH   ぶらプレゴ   市民市H   松本陽太   田渕元紹   shino   恭やん   ビッグ愛   緑風舎   音家松林商店   魚住弘樹   横山恭治   桂枝曾丸   木村とも   柏夕子   SEIZY   木谷悦也   ぶらST   グランH   TONPEI   天の羊   小椋誠也   汐見HOBO   和歌山城   矢倉 愛   Double Note   シャンソン   一灯舎   植松淳平   貴志知美   寺町ヨーコ   ふじと台   rag-rug   ディナー   市駅HR   橋本市   県博物館   武田千佳   福山ひでみ   わかやまマジカル12   なっきぃ   矢野照也   神前理恵   県立美術館   イオンモール和歌山   ぶらインタ   紀の会   西丸OP   Fun×Fam   カリフ   上保徹志   藍田真一   日高   bar BRUTE   金谷 幸三   ぶらスイ   西山隆行  
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
ccLive編集局
ccLive編集局
♪♪♪ 目が丸くなる!!
そんなライブを クチコミ投稿でもりあげよう! 音楽ライブ情報の100%収録驀進中! 

♪♪♪ 和歌山の音楽ライヴ情報ブログです。 コンサートやライブハウスなどのスケジュールを 曜日別会場別アーチスト別イベント別などで見ることができます。

♪♪♪ 記事は、提供された情報、ネット等に公開された情報から編集されています。そしてクチコミ情報は、ライブ参加のあなたによる投稿コメントです!

♪♪♪ 本サイトへの掲載は無料です。一般の方が、参加できる音楽・演劇系ライブであればOK!編集局までメールでお問合わせください。現在は、和歌山市・岩出・紀の川・海南・紀美野・有田・御坊地区開催に限ります。
♪♪♪ 10年3月より、岩出市・紀の川市・海南市・紀美野町の掲載準備中です。

♪♪♪ フレンドブログは、本サイトに掲載中のアーチスト、ホール・ライブハウス等の運営者、編集局のボランティア・スタッフに限定し受付けています。

    バナーのはり方
   <簡単!いこら版>

和歌山ライブの歩き方
  ♪♪♪ クチコミ編集局
和歌山市狐島298-1
FOXYテラス MMe本部内
クチコミ編集局へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


▲このページの上へ